愛 & Nao

NF推廣—

平清盛的好友-佐藤義清

NHK官網:平清盛


記著平安時代的感傷,目擊時代的和歌詩人

出身名門貴族,與清盛在菁英團體『北面的武士』中活躍著。
懂詩詞、武藝豐厚,有家室該是相當一帆風順的人生的。但,一次的因緣際會與鳥羽上皇的王妃・璋子有了關聯。
因而出家(23歲)。捨棄了精英武士的未來,走向漂泊不定的一生。
是清盛一輩子的好友。
 『如櫻花生、亦如櫻花般地死』以愛著櫻花顯稀世短歌詩人流傳後世。


"鳥羽上皇的王妃・璋子"這件事情...
【その動機には、友人の急死にあって無常を感じたという説が主流だが、失恋説もあり、これは『源平盛衰記』に、高貴な上臈女房と逢瀬をもったが「あこぎ」の歌を詠みかけられて失恋したとある。近世初期成立の室町時代物語「西行の物かたり」(高山市歓喜寺蔵)には、御簾の間から垣間見えた女院の姿に恋をして苦悩から死にそうになり、女院が情けをかけて一度だけ逢ったが、「あこぎ」と言われて出家したとある。この女院は、西行出家の時期以前のこととすれば、白河院の愛妾にして鳥羽院の中宮であった待賢門院璋子であると考えられる。】

簡言之原因可能是"朋友的死"或"失戀"(偏偏對象還是不該愛上的人-王妃璋子)
另,直友さつき的部落格 "拾回。直人"的這篇文章 2012 NHK 大河劇【平清盛】西行與平清盛 
...轉自西行WIKI
至於「桜に生き、桜に死す(如櫻花生、亦如櫻花般地死)」
第一、請原諒我的中日文造詣。
第二、研究西行的一個網站上如此說道
【散るは散るで終わるのではなく、無限の落花によって無限の生をつながる。生きることは死すことであり、死すことは生まれることかもしれない。この無限の生動に西行は「無」をみたのでないかと、ふと、頭をよぎった。 】
畢竟出家,就多少與佛教的一些宗旨有點關聯....
...轉自西行学習ノート





很歷史。

繼續閲讀 »

[一起幸福吧]直人專訪+譯文




多金律師再加上型男可謂作為結婚對象條件滿分的男人。
最近才剛舉行自己的婚禮。這樣的他為什麼會來到結婚諮詢所?
看樣子他也懷著什麼巨大的秘密




繼續閲讀 »

怪人心理學家-廣告01台詞翻譯






感謝geld!!!!!!
CONTROL 第一支預告!!!!!!!!!!

感謝日直友~
http://ameblo.jp/03287019660215yh2570/entry-10743920601.html
台詞


翻譯:

"能解開心裡,就能解決事件"

『是要這麼囉唆/煩的我飛去哪裡阿!』
"熱血到煩的女刑警"
『妳還蠻有型(帥氣)的咧~。妳、是哪型?』(不知道是不是問她的性向? 是P?還是T?之類的吧???)
"超理論派怪癖的心理學者"
『明明是心理學家卻不懂人類的心理!!』

『給妳看到的的確有傷心的情感,但這同時
 也有些安心的心情』

 あんど【安堵】
 気がかりなことが除かれ、安心すること。
 EX:「―の胸をなでおろす」「無事を聞いて―した」


『再怎麼演也沒用喔,我的眼睛看的是裡面(深層的另一面)』

1/11週二晚上九點

"你的心,看的一清二楚呦。"

繼續閲讀 »

難搞的心理分析教授-南雲準


CONTROL
~犯罪心理捜査~



這次作品既是原創又描寫人類心理觀點,不就是至今未曾看過的刑警戲嘛(讓我)躍躍欲試。
此外,第一次共演的松下小姐(給我)有著純情中也有著凜凜強勢的印象,不輸給這份強勢我想努力演出。



雖然教授不一定都披著白長袍,但我怎麼就是想到了瓜生晃彥?????????

宿命PV一直腦中放映....

繼續閲讀 »

ぶちょお2-ぶちょおも迷い?

「干物女の君が恋をしたあの夏
 俺は...それをそばで見ていた
 恋愛から遠ざかっていた君は
 ささいなことで 泣いたり笑ったり 忙しかったな
 いつも 一生懸命だった」
「でも うまく行きませんでした」
「でも 一生懸命な君は可愛かった
 頑張ってる君を愛おしいと思った」
「ぶちょお 」
「今は違う 無理をさせてるんじゃないかと思う」
「へぇ」
「結婚に向けて頑張ってる君を見ると
 無理をさせてると思ってしまう」
「どうした そんな...」
「結婚しようと言い出したのは君じゃない
 俺が言い足したことだ
 恋愛と違って 結婚なら 君を落ち着かせてあげられるんじゃないかと
 君のいない三年間 君を思って 俺が考えたことだ
 でも それが結局 君を振り回すようなことになってる」
「そんなことないですよ」
「君は俺に言われるまで結婚なんて 考えもなかったろう
 俺が言わなきゃ 君は結婚に向かうことはなかった
 もう 結婚という言葉に縛られるのはよそう
 ありのままの君でいいんだ 結婚はやめよう 君のために」


「ぶちょおが私のものには変わりないんだし
 待ってよ わたしのもの?
 チェ、まだ私のものにはなってないぜよ
 そうだ 寝込みを襲って わたしのものにしちゃおう
 私以外の女とは 結婚できない体にしてやろっと
 ザマーみそ汁『突撃の晩ご飯』だ」
「来たよ」
「めくるよ」
「入るよ」
「寝るよ」
「エグザイル?」
「ペッパー警部?」
「キョンシー?」
「あ ウサギ!」
「モノマネ大会?」

「鼻くそ こいつ鼻くそつけてる」
「どうしたのかしら」
「いや 違う鼻くそじゃない」「なんか苦悩してる」
「いや どう見たって 鼻くそだろう」
「具合でも悪いのかなぁ 疲れてるかなぁ 大丈夫かなぁ 心配だなぁ
コーヒーでも 入れてあげようかなぁ」
「雨宮 鼻くそが付いてるぞ」
「ムギーーー もう知らない もうぶちょおのことなんか考えない ほっといてやる」

「何だ このにおい」
「ぶちょお」

「うんこ ここにも ここにも ここにもあそこにも」

「まさか この女 こんなところでうんこを」
「もしかして 私がうんこをしたと思われてる」
「鼻くそといい うんこといい この女」
「鼻くそといい うんこといい 今日は最悪」

「窓は開けっばし ニャンコがやって来た 仲間もやって来た
うんこし放題」
「なるほど」
「犯人は またニャンコでしたね」
「ねぇ アホ宮」
「すっ すいません」

「ジャージーは全部処分したほうがいい」
「そんなことできません」
「っんこにまみれたジャージーだぞ」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」

繼續閲讀 »

Top|Next »

主頁

顯示所有文章

管理者專用

和此人成爲好友